小林 玲央 Reo Kobayashi

大学に在学しているときから、消化器内科学に興味を抱き、研修を続けてきました。研修を積む中で特に内視鏡に興味をもち、現在では内視鏡治療の研鑽をしたいと考え、伝統ある当教室に入局させて頂きました。診断から治療に至るまで、エキスパートの先生方から直接指導を受け、日々新たな発見ができる毎日を過ごしています。また臨床だけではなく基礎研究も指導頂き、現在は機能性消化管障害の研究をしております。基礎、臨床と消化器内科のあらゆることを学べる場で是非一緒に学びましょう。

入局を決めた時期ときっかけはなんですか?

消化器内科医として働く中で特に内視鏡治療に興味を抱くようになり、本学ではより深く専門的に学ぶことができると考え入局を決めました。

入局して日々の業務はいかがでしょうか?感じたことはありますか?

基礎、臨床と幅広く取り組むため、やること、学ぶことが多いですが、頼もしい医局員の皆様に支えられて過ごしています。同世代の先輩後輩も多いため気軽に相談もできますし、繋がりも増えて充実した日々を送っています。

いま進路を迷っている研修医さんに伝えたいことは?

各分野におけるエキスパートの先生が多く、知識、技術など多くを学ぶことができ、また大学病院ということもあり、他では経験できないような症例も多く学ぶことができます。また学会発表の機会も数多くあり、アカデミックな経験も積むことができます。同世代の医師が色々なところから集まるため、他施設のことも知ることができて大変楽しい日々を過ごせます。

消化器内科学教室では
入局者を募集しています

当教室では入局者を随時募集しております。
見学や入局をご希望の方は、お電話、又はメールにて、お気軽にお問い合わせください。