Research group
肝臓研究班/肝細胞癌の基礎研究

 肝細胞癌は慢性肝炎というストレスの多い状況下で発生する癌であり、遺伝子変異の寄与が他の癌に比べて少ないという特徴があります。我々は分子生物学の先進的な手法を駆使し、細胞実験・動物実験の両方を行うことで肝細胞癌の発症に共通して関わる因子を同定し、広く肝癌の治療・予防に寄与することを目指して研究を推進しています。

高ストレス下の前がん状態

お問い合わせ
〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465番地 京都府立医科大学消化器内科
TEL:075-251-5519(医局)FAX:075-251-0710(医局)消化器内科医局 mail: s-ikyoku@koto.kpu-m.ac.jp